設立に必要な登記

合同会社の設立に必要になる設立登記について

既に事業を行っている人、またはこれから事業を興そうとする人にとって会社を作るための手続きというのは知っておくべきことです。会社を作らなくても個人事業主として事業を継続することは勿論可能ですが、税金の関係からもメリットが殆どありません。そのため事業収入にすることが適当である収入が沢山あるのであれば、法人設立をするのが適当であると言えるでしょう。

その様なケースにおいて設立することになる可能性があるのが合同会社と呼ばれる会社の形です。一般的に会社というと株式会社をイメージする人が多いのですが、株式会社必ずしも最も良い会社の形ではないのです。株式の管理には会社法に基づいた管理が必要になるため、面倒になることも多いのです。それよりもより規制の緩い合同会社を世地質するという選択肢を選んだ方がメリットが大きいということは珍しくないのです。

合同会社の設立手続きというのは定款を作成して資本金を準備し、必要書類を会社を置こうとしている地域を管轄する法務局に提出するという一連の活動を必要とします。この作業を設立登記といいます。手続きが済むと会社名お時が行われ、法的に法人が認められることになるのです。合同会社というのはこの様にして作ることができる会社の中では最も手続きがシンプルであり、かつ必要とする費用も最小であることが知られています。
合同会社と効いてもピンとこない人が多いのは、この会社組織の形が法律によって制定されてからまだそれほどの期間が経っていないというのも原因となっています。従来も比較的小規模な事業の場合には有限会社という法人格もありましたが、これに最も近いと言えるかもしれません。

合同会社は株式会社に比べて手続きが簡略化されているのですが、主に小規模事業においては不要である部分の整理が行われています。そのため合同会社は元々個人事業主であった場合や、商店街の八百屋等家族経営をしている様な企業においても最適な選択肢となります。株式会社となると株式の取り扱いや配当金の分配方法にも多くの規制が行われますが、合同会社の場合にはその様な細かい部分が自由であるということが大きな特徴です。配当の分配などを自由に行いたい等、細かな規則にとらわれたくないという場合には最良の選択肢となります。一方で将来的に個人投資家や企業からの投資を受けて会社を大きくしていきたいと考えているのであれば株式会社の仕組みが必要です。これは将来どうしたいかという目的によってきまるものであると言えるでしょう。