設立するメリット

合同会社を設立するメリットについて

合同会社というのは株式会社と同じく会社の形の一つです。株式会社は発行された株式を出資者が購入することで資金を集め、それを運営資金にする種類の会社ですが、合同会社というのは株式会社に定められた規則の一部がより緩やかになっているのが特徴です。例えば株式会社に義務付けられている決算書類は株式会社では義務ですが、合同会社では必須となってはいません。作成することで色々と便利なことがありますので実際には制作していることも多いのですが、義務が無いというのが特徴です。また事業を行って結果残った利益については、株式会社の場合は出資額に応じて、つまりは保有している株式の猟奇比例した分配を行わなければならないとされていますが、合同会社では自由となっています。この様な仕組みの中にメリットを感じて株式会社ではなく合同会社を設立するということがあります。

しかし、そのような株式会社と比較したメリットを考えなくても合同会社を設立するということには多くのメリットがあります。この会社形態を選択する人の中には元々個人事業主として事業を行っていた人が少なからず含まれています。この様な個人事業主からの企業の場合には税制上多くの改善を受けることが出来ます。例えば個人事業主の場合には全てが自分の収入として課税されます。つまり実質的には事業収入でも雑収入があったとして計算を行うことになるのです。しかし個人では必要となった経費の認められる幅が限られています。法人と法人以外の違いとしては、自分の取り分である給料、報酬といったたぐいのものを経費にできるかできないかの違いが非常に大きいのです。自分の収入を課税対象ではなく、経費として控除できるのですから会社を設立することでいかに大きな恩恵が得られるかがわかるというものです。

また、責任の面でも大きな違いがあります。個人事業主の場合、事業場の事故に関しては全て個人で責任を負うことになります。これは非常に重たいことですが、法律上はそうなってしまうのです。一方会社を設立していた場合、何らかの事故が発生した場合には個人ではなく法人の責任となります。そのため有限責任を負うことができるというのが会社設立をすることによって変わります。この有限というのは出資金の総額までということです。出資した金額以上の損害に関して個人まで法的責任が及ばないというのが会社を興した場合の責任のあり方として知られています。