株式会社と合同会社

株式会社と合同会社の違いについて

株式会社とは、細分化された社員権である株式を有する株主から、有限責任の下に資金を調達し、株主から委任を受けた経営者が事業を行って利益を株主に配当する企業形態ですね。一方で、合同会社は、対外的には社員全員が間接有限責任を負うにとどまり、対内的には組合的規律を有するという会社形態です。

まず、共通点を挙げますと、いずれも法人格があるので、契約の面や税制面などでは、特に違いはありません。
また、社員全員が有限責任である点も同じです。

しかし、この両者には大きな違いがあります。それは、所有と経営が分離しているか一致しているかという点です。
まず、株式会社の場合には、出資者たる株主は経営権を有しません。そもそも、有限責任制のもとで多くの出資者を募って大量の資金を調達し、一方で専門的な知識を持つ経営者に会社の運営を任せるというのが制度趣旨だからです。

しかし、合同会社は、所有と経営が一致しています。これは、原則として、出資者が業務執行を行うことを前提にした組織形態だからです。そして、業務執行をスムーズに行うために定款自治がとられています。すなわち、定款による自治運営が可能となっているわけです。全員一致で定款の変更や、その他の会社のあり方を決定できるということです。そのような制度趣旨の違いから、前者では株主総会、取締役会、代表取締役、監査役等の設置が会社法で強制されています。一方で柔軟な組織編成がとれる合同会社では、監視機関の設置が義務付けられていないので、迅速な意思決定が可能です。

また、損益分配の点も異なります。株式会社では、原則、利益の分配がいくら株を持っているかで決まります。しかし、合同会社は、特定の取り決めにより貢献度に応じて損益分配をするなど柔軟な措置が可能です。
なお、設立費用の点でも異なり、約15万円ほど違ってきます。もちろん、合同会社のほうが安く設立できます。

では、設立にあたってはいずれを選択すべきでしょう。結論からいえば、資金に余裕があるならば、株式会社を選ぶべきでしょう。やはり、合同会社は、現在認知度が低く、したがって信用度もまた低いからです。株式譲渡自由の原則を封じることのできる「譲渡制限のある株式会社」であるならば、事実上、合同会社と比べてもデメリットはありません。ただし、飲食業やデザイナー業などのように、会社の組織形態が特に取引先や顧客に気にされないような業種であれば、合同会社を選択してもよいかもしれません。

最新投稿

  • 設立するメリット

    合同会社を設立するメリットについて 合同会社というのは株式会社と同じく会社の形の一つです。株式会社は発行された …

    続きを読む...